ミュージシャン ジェレミー・ヒロカワ|プレミアムハワイビーチウェディング

Hawaii Beach Wedding Royal Kaila Wedding Royal Kaila Wedding
日本国内受付番号(受付時間11:00~17:30) 050-5807-3641
ミュージシャン ジェレミー・ヒロカワ

MUSICIAN

ジェレミー・ヒロカワ

ジェレミー・ヒロカワ

ジェレミー・ヒロカワホノルルを拠点に、アラモアナセンターをはじめとしたショッピングモールや有名ホテルで演奏活動を続ける日系4世のジェレミー・ヒロカワさん。3歳からウクレレを演奏している彼はハワイアンにとどまらず、さまざまなジャンルの音楽に精通しています。

このページではそんな彼のおすすめレパートリーをご紹介。ハワイウェディングをより一層盛り上げるウクレレ生演奏のリクエストの参考にどうぞ。

Kaimana Hila(カイマナ・ヒラ)

近代的ハワイ音楽の父と呼ばれるチャールズ・キングの作曲で、「カイマナ・ヒラ」とはワイキキビーチを見下ろすあのダイアモンド・ヘッドのことです。軽快なメロディーとリズムが心地よく、フラダンスのスタンダードナンバーでもあります。

Waikiki(ワイキキ)

美しいメロディーが感動的なこの曲は、タイトルからしてロイヤルカイラのビーチウェディングにぴったり。この曲をリクエストしたカップルはきっと日本に帰った後もこの曲を耳にするたびに、歌詞のようにハワイウェディングを思い出すことでしょう。

Papalina Lahilahi(パパリナ・ラヒラヒ)

こちらも有名なトラディショナルソングで、数々のハワイアンミュージシャンたちに演奏されてきました。タイトルの「パパリナ・ラヒラヒ」とは「可愛いほっぺた」という意味で、可愛らしいメロディーに乗せて男女の愛を歌っています。

LINE


このほかにも多くの曲がリクエスト可能です

このほかにも多くの曲がリクエスト可能です。

こちらも有名なトラディショナルソングで、数々のハワイアンミュージシャンたちに演奏されてきました。タイトルの「パパリナ・ラヒラヒ」とは「可愛いほっぺた」という意味で、可愛らしいメロディーに乗せて男女の愛を歌っています。

ジェレミー・ヒロカワ

<PROFILE>
ジェレミー・ヒロカワ (Jeremy Hirokawa)

1979年オアフ島カネオヘ生まれ。日系4世の彼は幼少からハワイアン・ミュージックが溢れる環境で育ち、ウクレレ演奏を始めたのは3歳のころ。2002年にはハワイアンバンド「KAWELA(カヴェラ)」結成。ホノルルを拠点に活動し高評価を得る一方で、ソロ活動も精力的に行う。ハワイのみならず日本でもライブを開催しており、ハワイアン・ミュージック以外のさまざまな音楽ジャンルでも才能を発揮。現在もっともハワイで注目されているアーティストのひとり。

© EXEO JAPAN All Right Reserved.
PAGE TOP