海外リゾート挙式の基礎知識|プレミアムハワイビーチウェディング

Hawaii Beach Wedding Royal Kaila Wedding Royal Kaila Wedding
日本国内受付番号(受付時間11:00~17:30) 050-5807-3641
海外リゾート挙式の基礎知識

海外リゾート挙式の基礎知識

海外リゾート挙式は、大自然のスケールやロケーションの美しさが魅力です。その土地でしか味わえないビーチウェディングは、リゾートの非日常な空間を楽しむことが出来るため、今非常に人気があります。
海外挙式と言うと大変そうなイメージをもたれがちですが、ハワイなどのリゾート地は英語が出来なくてもある程度日本語が通じますし、ウェディング企画会社や旅行会社の方がしっかりとバックアップしてくれます。日本人スタッフが対応する会社もありますので安心です。

海外挙式の基礎知識

海外挙式の基礎知識

ブレッシング式

海外挙式では、戸籍上の入籍の手続きが完了していることが挙式の条件になっている「ブレッシング式」がほとんどです。「ブレッシング式」で挙式する際は事前に日本で入籍し、婚姻受理証明書を発行しておきましょう。パスポートの名義の変更も忘れないように気を付けて下さい。
ブレッシングとは、「結婚を祝福する」と言う意味で、結婚している二人を祝福します。ハワイのようなリゾート地では、ブレッシング式の会場がほとんどです。

リーガル式

その国の法律に定められた挙式スタイルが「リーガル式」です。法律で決められた資格をもつ地元の司祭様が法に則り式をリードし、婚姻証明書が発行されます。この原本と和訳を市町村役場に届けると、日本の戸籍に「〇〇国方式により婚姻」と記載が残るのです。
国によって細かな条件は異なりますが、リーガル式で挙げる場合は入籍をしていないことが条件となりますので、渡航前に確認しておきましょう。

人前式

ビーチウェディングは人前式になります。宗教や宗派に関係なく、参列者の皆様に結婚の誓いを見届けてもらう結婚式です。船上ウェディングやガーデンウェディングなども人前式になります。
自由度が高く、若い方を中心にとても人気のあるウェディングスタイルです。

海外挙式のドレスの手配

海外挙式のドレスの手配

海外リゾート挙式をする際に、ウェディングドレスをどうしたら良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。
例えば、海外挙式+帰国後1.5次会のように、2回以上着る予定がある場合は、購入して持ち込む方がお得になるケースが多くなります。
背が低めの方は、海外のドレスはサイズが合うか不安を感じることでしょう。日本からの持ち込みが安心ですが、日本でドレスを選び現地で同じものをレンタルする方法もあります。現地で選ぶ手間がかからず、購入と違い荷物が少なくて済むこともメリットです。海外でも日本人に合うサイズを準備しているサロンもありますので、まずは担当スタッフに相談してみましょう。

人気の海外挙式リゾート地

人気の海外挙式リゾート地

ハワイ

数々のリゾート地の中で、圧倒的な人気を誇るハワイ。海外で挙式するカップルのうち、約半数がハワイを選択しています。
1年を通して温暖な気候と美しいロケーション。新婚旅行とあわせて挙式するのも納得です。ハワイにはたくさんの教会やチャペルがあり、理想のロケーションの挙式会場を探すことも出来ます。

グアム

日本から数時間で到着する、アクセスの良いリゾート地、グアム。日本との時差はわずか1時間です。ハワイに行くのは大変な高齢者や小さなお子様もグアムなら気軽に渡航出来ます。予算を抑えながらも南国のリゾート挙式を満喫したい方にもおすすめです。

タヒチ

神秘的なタヒチの自然の中で、ロマンティックな結婚式を挙げてみませんか。特に、太平洋の真珠と呼ばれるボラボラ島は、息をのむほど美しい光景が広がります。ダイナミックな南国リゾートで、贅沢なウェディングを。

ツパイ

南太平洋に浮かぶ、ため息が出るほど美しい、サファイア色のラグーンが輝く、オープンハートの島ツパイ。以前は上陸出来ず、上空から眺めることしか出来ない無人島でしたが、現在は1日1組、新郎新婦限定で上陸が出来るようになりました。
二人きりのハネムーンと共に、ツパイ島で最高の思い出を残すことが出来ます。

モルディブ

透き通ったエメラルドグリーンの海と白砂のビーチ。幻想的な水上の楽園、モルディブ。新郎新婦の入場の際に、船やヨットを使う夢のようなシチュエーションが現実に。
どこの水上コテージやヴィラに宿泊するか、どれも素敵で誰もが悩みます。普段は体験出来ないセレブ気分を味わって下さい。

バリ

個性的なリゾート挙式を希望する方におすすめするのが、インドネシアの海に浮かぶバリ島です。民族衣装に身を包み、他のリゾート地とは一味違った、日本では体験出来ないようなウェディングを楽しむことも出来ます。

© EXEO JAPAN All Right Reserved.
PAGE TOP