結婚式前の準備(日本編)|プレミアムハワイビーチウェディング

Hawaii Beach Wedding Royal Kaila Wedding Royal Kaila Wedding
日本国内受付番号(受付時間11:00~17:30) 050-5807-3641
結婚式前の準備(日本編)

結婚式前の準備(日本編)

ハワイウェディングにどんなイメージをお持ちですか?美しい海を背景にした色鮮やかなリゾート挙式の風景が、次々と頭に浮かんでくるのではないでしょうか。
ここ数年。リゾート挙式を選ぶカップルは年々増え、逆に日本国内での結婚式の規模は縮小傾向。アットホームなカジュアルウェディングに人気が集まり、ハワイのビーチで挙げるビーチウェディングも年々と人気が高まっています。
ビーチウェディングを挙げる前に、国内でどのような結婚準備が必要になるのか確認してみましょう。

結婚式の予算と実際の費用

結婚式の予算と実際の費用

結婚式は費用により内容が大きく変わります。打合せを重ねて行くうちに様々なオプションやグレードアップをしたくなり、最終的に予算オーバーしてしまい、当初の見込みを越える出費になるという話もよくあることです。
ビーチウェディングは、ゲストの人数が少人数で教会やチャペルの使用料もかからないため、オプションをつけても費用がリーズナブルになります。割安となった分を、渡航費用や宿泊費に充てることが出来ます。

ゲストの費用負担

●

海外ウェディングで悩むのは、参列者の旅費などをどこまで新郎新婦側で負担するのかと言う事です。多くの場合は、家族の分は新郎新婦負担とし、親戚は全額負担、もしくは一部負担。友人は自費で参列してもらうケースが一番多いパターンです。自費で参列して頂く際は、ご祝儀を辞退するのが一般的。
家族・親族・友人への出席確認は早目に行いましょう。

打合せ

日本国内での挙式は、会場選びも下見も打合せも全て担当者と直接会って進めていくことがほとんどです。しかし、ハワイウェディングの場合は、ほとんどの打ち合わせがメールでのやり取りになります。
事前にビーチウェディングの情報を集めることで、こんな挙式にしたいと言うイメージがつかめるようになります。担当者との打ち合わせの中で、出来ることと出来ないことが明確になり、スムーズに打合せが進みます。

結婚準備の期間はどれくらい?

日本国内で挙式する場合、準備期間が短い方は3ヶ月程。逆に1年くらいを目安に準備を行なうカップルも。準備に余裕がある場合は、どこの会場にしようかと気になる会場の見学に時間をかけ、妥協のない式場探しが出来ます。
ハワイウェディングの場合も出来れば余裕をもって1年前から取り組みたいところ。出席していただく家族やゲストのスケジュール調整と、手配会社の選定などが必要となります。半年前からの準備でも間に合いますが、調整や準備の予定がタイトになってしまいます。直前の予約は希望の日時が埋まってしまっていることもありますので、余裕をもった予約がおすすめです。

挙式1年〜半年前 計画

資料を集め手配会社を選定したり、費用負担をどうするのかを新郎新婦で話し合ったりします。

挙式半年〜3ヶ月前 具体的な手配

具体的な手配を行ないます。手配会社への申込、費用の振分、ゲストの人数、日程などを決めます。面倒な渡航手続きや宿泊手続きなどは、ゲスト全員分を新郎新婦で行なうのがベストです。

挙式3ヶ月〜2ヶ月前 細かな手配

衣装や演出、その後のツアーなどを決めます。全員がリラックスして楽しい旅となるよう、オプショナルツアーや人気レストランの予約など、細かい手配は可能な限りすませておきましょう。ご不明点や不安なことは、スタッフに細かく尋ね解決することで安心して結婚式当日を迎えることが出来ます。

挙式2ヶ月〜1ヶ月前 招待状送付

ゲストに招待状を送りましょう。その際、持ち物リストや手作りの旅のしおりなども渡すと喜ばれます。
入籍後に挙式する場合は、パスポートの更新手続きをしておくことをおすすめします。旧姓のままでは、何かと不都合が出る可能性も。万一に備え、海外旅行傷害保険にも加入しておきましょう。
両替は現地の空港でも出来ますが、フライトで疲れて両替を忘れてしまうこともありますので、日本で準備しておくと安心です。ハワイではチップが必要となりますので、1ドル札は多めに準備しておきます。
また、帰国後のお披露目パーティーを行なう際は、準備をはじめましょう。ハワイに行く前に準備を開始すれば、パーティーで使いたいものをハワイで購入することも出来ます。

国内挙式との違い

国内挙式の際は、式場が決まった後も、細かな打合せが必要となります。席の配置を決めたり、演出を考えたり、受付やスピーチなどを依頼したり、引き出物を準備したり、プロフィールビデオを作成したり・・・結婚式が近付くにつれ、「あれも終わっていない」「これも終わっていない」と焦る方も少なくありません。
海外挙式の際は、席の配置は不要。受付やスピーチなども必要ありません。家族と親しい友人に囲まれて、アットホームな雰囲気で肩に力が入らない結婚式を行なうことが出来ます。
現地でのトラブルやハプニングで楽しいムードが台無しにならないよう、皆に参列してよかったと思えるような、余裕のあるプランニングを考えましょう。

© EXEO JAPAN All Right Reserved.
PAGE TOP